親知らずが生える理由は勉強のし過ぎってほんと?


皆さん、こんにちは!

今日は親知らずが生える理由についてお話します。

 

親知らずが生える理由

親知らずが生える理由は、現在の科学では、まだ解明されていません。

残念ながら、現在の科学ではまだわからないことなので、人智学に基づいた私の独断的な推察でお話しすることにします。

 

歯や骨は人体の神経系の極にあるものです。

触覚、神経、脳、骨などからなる神経系ですが、歯や骨は最も固定化された、いわば死んだ部分です。

生き生きと生きて流動する存在が生きた存在ですが、知識によって固定化されると、やがて死んだものになっていきます。

ですから、親知らずが生える原因は、過剰な神経系の働きによるものと考えられます。

親知らずが生えるのは、大体20歳以降ですので、20歳までにどれだけ過剰な知的活動を行ったかが、原因となると考えられます。

 

人間の成長

人間は成長の過程において、年齢に応じた課題があります。

7歳までは身体の成長のために、自然や事物に触れる必要があります。

14歳までは、心の成長のために、美しいものに触れることがたいせつです。

21歳までは、真理に触れて、世界に感嘆しつつ学ぶ時期です。

ですから、20歳以降と一言で言いましても、14歳以降は、かなりの知的活動が可能です。

 

早期教育

ということは、年齢に応じた適切な知的教育を考えると、過剰な知的活動による神経系の使いすぎは、若年例に起こりやすいということができるでしょう。

問題は早期教育です。

勉強のし過ぎは健康を害しますが、幼児期の勉強はまったくの害毒です。

身体が固まってしまいます。

 

Wisdom tooth

英語では親知らずのことを、ウィスダム・トゥースと言います。

「知恵の歯」ということですから、当を得ている言葉に思えます。

しかし、知恵の歯というと、まるで「賢者の歯」のような良いイメージがありますが、実態はそうでもありません。

確かに勉強をたくさんした人は、知識も多いでしょうし、判断力もあるかもしれません。しかし、その裏で、不健康になっているかもしれません。

特に早期教育を受けた場合はそうです。

勉強は高校生になってから、そして大学生になってからガンガンやりましょう。

 

 

幼児期は暖かく見守られてゆったりとすごさせてあげることが、子どもにとっては望ましいです。

どの年齢においても、勉強は適度な量がいいですね。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲