溶連菌感染症は中耳炎や肺炎になるってほんと?


皆さんこんにちは

今日は溶連菌はのお話です。

溶連菌感染症中耳炎肺炎などの合併症を引き起こしやすいので、注意しましょう。

 

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症とは、昔は猩紅熱と呼ばれていた病気で、今では、原因が溶連菌とわかり、感染経路なども明らかになりましたので、病名が変わりました。

溶連菌とは正確には「A群β-溶血性連鎖球菌」という細菌です。

5歳から15歳の子供に多く発症します。

冬、または春から夏にかけて流行する傾向があります。

感染力は強いので、集団や家族は要注意です。

 

溶連菌感染症の症状

39度くらいの発熱があり、のどの痛みや嘔吐、次に発疹やイチゴ舌というブツブツが発生したりします。

抗生物質で、7から10日でおさまりますが、完全に溶連菌が消滅するまで薬は飲み続けるほうがいいでしょう。

潜伏期間は2日から5日間です。

 

 溶連菌感染症の感染経路

保菌者のせきなどの飛まつ感染や、口から入る経口感染で感染し、かかり初めに感染力が強いです。

 

 注意点

学校保健安全法では第三種になっていますので、お医者さんに行った日と翌日は学校には行けません。抗生物質を飲めば、24時間で、感染力がなくなりますが、体調が好転するまでは、安静にするのがいいでしょう。

 

溶連菌感染症の治療法

有効な抗生物質があります。

安静にして、おかゆや玄米粥などをとるといいでしょう。

合併症の危険がありますので、大丈夫と思ってもしばらく継続して様子を見るようにしましょう。

アロマディヒューザー01

アロマ

のどの痛みが強いので、アロマでケアすると、治療期間中楽に過ごせます。

イージーエア  (ローレルリーフ、ユーカリプタス、ペパーミント、ティートリー、レモン、ラベンサラ、カルダモンのブレンドです)をディフーザーで焚くとのどが楽になります。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲