医療のスピリチュアルな流れが、こんなにも豊かで神秘的!


皆さん、こんにちは!

今日は、医療のスピリチュアルな流について 思うことをお話したいと思います。

 

現代医療が、どうもおかしな感じになってきています。

普段病院に行かない人にとっては、

縁のない世界ではありますが、

時おり耳にすることは、 少しばかり首をかしげることが多くなってきていると感じます。

現代医療への不満や不信感が高まる中、

代替医療という言葉が一般的になりつつあります。

 

代替医療

代替医療とは、

現代医療以外の治療法のことで漢方医学や民間療法などを指します。

漢方はしっかりとした体系があり、

中医のお医者さんがいて、

漢方薬局もありますので、

いざという時は、本当に頼りになる存在です。

漢方関係の方々には、心から感謝したいと思います。

 

民間医療はいろいろなものがあります。

びわの葉を使って毒だししたり、

豆腐で熱を取ったり、

ショウガや大根やシイタケのスープで風邪に対応したりと さまざまな方法があります。

 

現代医療への不満や不信感が高まるにしたがって、

今まで隠れるようにしていた その他のさまざまな流れが 活発になりつつあるようです。

 

ヴェレーダ WELEDA

ルドルフ・シュタイナーの発案によって始められた医療です。

西洋文化に生まれた東洋的な医療と言っていいのではないでしょうか。

漢方医療は中国の古代からの知恵と伝統が受け継がれているものですが、

ヴェレーダは、近代になって、

近代的知性を持った人々が、古代の知恵を再発見し、

実用化させたものと言えるでしょう。

 

芳香素材とエーテル素材

ルドルフ・シュタイナーは植物の有効成分について、

芳香素材とエーテル素材という言い方をしています。

芳香素材とは、香りの成分です。

エーテル素材とは、生命力の成分です。

この大きな二つの成分のうち、

エーテル素材を中心に自然素材の薬や治療法を開発しているのが、

ヴェレーダであるという見方をすることができるでしょう。

もちろん、ヴェレーダの製品も、

とてもいい香りがして 芳香成分を利用しているとは思いますが、

主にエーテル素材を利用していると言えると思います。

 

アロマ・テラピー

もう一方の芳香成分の利用に特化しているのが、

アロマテラピーであると見ることができると思います。

アロマテラピーと言うと、

女性が部屋の中で精油を焚いて(ディヒューズ) 香りを楽しむ様子を思い出しますが、

実際のところ、私はそれが、どういうことなのか、よくわからなかったのです。

ところが、実際に自分で使ったり、勉強したりしてみると、

意外にも身体を癒す、すごい効果があることがわかりました。

アロマテラピーの世界も、

漢方医療に迫れるほど、劇的で効果的な要素を持っていると感じています。

 

シュタイナーが指摘した植物の二つの有効成分のうちの、

片翼を担っているのです。

中国の漢方はどちらかと言えば、 まったくエーテル素材中心です。

漢方薬に香りの要素はほとんどありません。

ということは、アロマテラピーの占める位置は とても重要だという気がしてきます。

芳香成分を担っているのは、アロマテラピーだけだからです。

< Sponsor Link>

フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとシュタイナーとは何ら関係がないのですが、

フラワーエッセンス創始者のバッチ博士の植物に対する感受性と

シュタイナーの植物学理論の根底にある感受性とが

共通するもの、同じものであると見ることができます。

それゆえに、両者は兄弟のような関係にあると言っていいでしょう。

 

ホメオパシー

フラワーエッセンスのバッチ博士の産みの親とでも言うべき ホメオパシーですが、

ホメオパシーとシュタイナーとの関係は、特にありません。

共通点は、有効成分を希釈することを重視していることが挙げられます。

そして、ホメオパシー協会の由井寅子さんは、

シュタイナーの思想を支持しておられ、

シュタイナーの講演録の翻訳書なども出版されています。

本当に有効で誠実な医療のあり方に貢献されている方なので、

その意味で、ホメオパシーとシュタイナーは同士であると言ってもいいでしょう。

 

それから、もう一つあります。

 

ミネラル 鉱物

ルドルフ・シュタイナーはミネラルの効果についてこう言っています。

ミネラルは人体の中に入ると、まったく違う働きをします。

ミネラルの物質的要素は、

体内に入ってもなんら変化することはないのですが、

ミネラルに宿っている霊的な要素(スピリット)が、

人間の自我に働きかけます。

人間の自我とは、人間自身を導くパイロットや船長のようなものです。

人間が地上で生きていくためには、

自我が健全に発達し、

機能している必要があります。

ミネラルは自我を成長させますから、

ミネラルの摂取により、しっかりとした人格でいることができます。

 

このミネラル療法を担う動きは、まだ見当たりませんが、

きっとどこかで静かに活動を開始していることでしょう。

今の段階では、サプリメントとして販売されている程度ですが、

きっとそのうち、静かな動きが起きるのではないでしょうか。

サプリメントを選ぶにも、良質で信頼できるものを選びましょう。

水晶01

まとめ

大体、以上のように、 スピリチュアルな流れが5つあります。

ヴェレーダ

アロマテラピー

フラワーエッセンス

ホメオパシー

ミネラル

そして、漢方を加えると6つ、

その他、代替医療を加えると7つの方法が

私たちを健全な医療と健康な生活へと導く導き手です。

 

勇気が出ますね。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲