睡眠の技 眠れない人のために


皆さん、こんにちは!

今日は、睡眠、についてお話します。

眠りたくても眠れない人は、必見のお話です。

 

交感神経と副交感神経

人の自立神経には、交感神経と副交感神経の二つがあります。

交感神経は、 : 活動しているとき時や、気が入っているとき、緊張している時、などに働いています。

副交感神経は、: 休んでいる時、リラックス状態、眠っている時などに働きます。

 

この二つの神経は同時に働くことはありません。

必ず、どちらかが働いていたら、もう一方は休んでいます。

 

眠れない人は、交感神経が働いているから、眠れないのだと考えられます。

眠るためには、副交感神経を働かせてあげればいいのです。

 

副交感神経を動かすには

心身をリラックスさせることは、どんなことでも有効です。

マッサージ、瞑想、ストレッチ、アロマ、静かに時を過ごすなど、様々な方法があると思いますが、今、注目の呼吸法「4-7-8方法」が最も優れた安眠効果を期待できる最有力です。

 

4-7-8方法

アメリカの医学博士、アンドリュー・ワイル氏が、睡眠に悩んでいる人のために、睡眠導入の方法を考案しました。

最短1分で眠りに落ちるこの方法は「4-7-8方法」と呼ばれています。

やり方は、

まず、口から空気をゆっくりとすべて吐き出し、

鼻から4秒をかぞえながら息を吸います。

次に7秒間息をとめています。

そして、8秒をかぞえながら、ゆっくりと息を口から吐き出します。

そして、また鼻から4秒をかぞえながら息を吸います。

 

これを、何度も繰り返すうちに、たいがい10回以内に眠気が襲ってきます。

私も試してみましたが、2,3回呼吸法を繰り返したあたりで、軽くいびきをかき始めました。そして、10回もしないうちに、眠ってしまいました。

 

すごいです!!!

皆さんもどうぞ試してみてください。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲