夏の湿疹には漢方薬とアロマが有効です!


皆さん、こんにちは!

夏になると湿疹ができる人がいらっしゃいますが、

実は、私もです。

 

夏になると

私は夏になると、毎年、腕と足に湿疹ができます。

湿疹ができたところは、熱を持ってむくんでしまいます。

症状は年々ひどくなるのですが、

昨年は最悪でした。

ひざ下が通常の3倍くらいにはれ上がり、

パンパン!!

まるで、ゾウの足のようでした。

その時は、今回ばかりは「やばい!」と思いました。

 

さっそく漢方薬局に行きました。

さいわい中国人の先生がいらっしゃって、話を聞いてくださいました。

私は一生懸命に症状を伝え、できるだけ理解してもらおうと、ズボンのすそをまくりあげて患部を見てもらおうとしたのですが、

先生はろくに患部を見ようともしないで、即答で

「ストレスです」とおっしゃいました。

もちろん身に覚えはあります。

ストレスだらけの状況で、心がまいっていて、身体に影響が出ていることは自分でもわかりました。

ですから、先生の回答は、半ば、私が予想していた言葉であり、むしろ、期待していた回答でした。

それで、すぐに納得し、薬を出してもらいました。

2週間分出していただいたのですが,飲み終わる頃にはほとんど良くなっていました。

それでも、ちょっと心配だったので、もう2週間分出してもらいまして、完治です。

 

さすが、漢方薬ですね。

中国四千年の歴史の知恵と伝統の結晶という感じでしょうか!

 

今年は

さて、今年は、昨年ほどではないのですが、やはり同じように腕と足に湿疹ができました。

足のむくみもかなりひどいです。ひざ下は通常の倍くらいの太さになっています。

さっそく、漢方薬局に行って薬剤師の方に相談すると、

「去年と同じものでいいですか?」と言われまして、

「お願いします!」

と、簡単に薬を出していただきました。

処方された薬は

 

加味逍遙散

瀉火利湿顆粒

三黄瀉心湯

黄連解毒湯

 

です。

どういうものなのか、よくわかりませんが・・・

 

今年は、これに加えてアロマも活用しました。

湿疹が出ている患部にベースオイルとしてココナッツオイルを塗って、

そこに、deTERRAのエッセンシャルオイル、ラベンダーを数滴、塗り込みました。

これはてきめんの効果で、翌日には、湿疹の腫れと熱が引き、乾燥し始めました。

さすがdeTERRAのエッセンシャルオイルです!

 

でも、この使い方だったら、他社のエッセンシャルオイルでもいいかもしれません。

ベースオイルを使えば、刺激が強すぎると言うことはないと思います。

お勧めはしませんが、他社製品でも効くかもしれません。

 

10日ほど漢方薬を飲んだら、むくみがほとんど取れてきました。

 

まもなく完治です。

内側からは漢方薬。

外側からはアロマの適用で、かなりいい感じです。

ラベンダー01

原因

ネット上のQ&Aを見ると、いろいろなことが言われていますが、

結局、原因不明、わからない、というところが実態のようです。

 

漢方医学の立場では、肝臓と副腎の疲労が原因らしいです。

「皮膚は内臓を写す鏡」と言われていますので、夏の暑さによって内臓が疲れているというところなのでしょう。

肝臓の機能が低下して、その影響が皮膚に出ているということです。

 

私は個人的には、漢方薬局の先生のお言葉の通り、湿疹の原因はストレスだと思っています。

それでは、ストレスの原因は何なのでしょうか?

ストレスの原因は、第一に夏の暑さと湿気ではないでしょうか。

不快指数という言葉があるように、夏の暑さと湿気はそれだけでストレスです。

実際に数年前までの私のストレスの原因はそれだけだったと思います。

今の私は、それに加えて、財務上のストレス、仕事のストレス、人間関係のストレス、現状と将来に対する不安というストレス、と様々なストレスが重なっています。

病気になっても仕方がない状況だとは思いますが、

ひとつひとつ、ストレスを取り除く精神生活を築いていくしかないと思います。

 

面白いことは、夏に湿疹で悩むどの方も、20歳を過ぎてから症状が出始めているということです。

若い時は体力もありますし、何といっても、まだ社会にでていないので、親の庇護のもとで、生きていくこと自体にストレスを感じていないのだと思います。

社会に出たら、色々ありますよね!!!

 

目には見えないストレス、あっても見ようとしないストレスが知らず知らずのうちに蓄積しているのではないでしょうか。

 

心身ともに健康でいるために、瞑想や祈りや生きるための軸、哲学とその実践が必要なのかなっと思います。

 

 

アルコールと糖分を控えることがよいと言われますが、

この観点から言えば、適度なアルコールと糖分なら、大丈夫だと私は思います。

むしろ、アルコールと糖分はストレスを少しだけですが解消してくれるのではないのかとも思います。

あくまでも適量ですけれども・・・!

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲