腎不全を治して奇跡を起こしましょう


みなさん、こんにちは!

今日は腎不全の話です。

まずは、私と腎臓病のご縁の話から始めます。

 

私の父は若くして腎不全で亡くなりました。

享年33歳。

私が4歳のときです。

妹は2歳。

弟は10か月でした。

残された者たちの生活、特に母は大変だったと思います。

 

母の話によると、父が発病した時の症状はむくみでした。

仕事から帰ってくると、ふくろはぎがパンパンにはれていたそうです。

それで、即刻入院となりましたが、当時の医療はあまり発達しておらず、間もなく帰らぬ人となりました。

< Sponsor Link>

腎不全の原因

一般の医学では、高血圧や感染症などと言われていますが、

私の父の場合、働き過ぎや経済状況などのさまざまなストレスと塩分過多の塩辛い食事だったと考えています。

こう思っていた私は若いころから意識的に薄味に努めています。

 

ある患者さんの闘病記に書かれた例を紹介します。

その方の原因は食事でした。食生活がひどかったのです。内容は、

濃い味が好き。 肉が好き。 野菜をあまり食べない。 ほとんど外食かコンビニのお弁当。 これでは、病気になってしまいます。

 

内海聡さんは、コンビニのお弁当とアイスクリームは寿命を縮めると言っています。

私は、今では外食や中食中心の食事は、腎不全に限らず、病気の主たる原因だと考えています。

 

それから、犬、猫が腎不全になることが多いらしいのですが、

100年昔はそんなことはなかったのではないでしょうか。

おそらく、ドッグフードが問題なのでしょう。

犬も人間も、ある意味では同じ生物です。

自然な食べ物ではなく人工的な食べ物が生体に与える影響は大きいのではないかと、容易に想像できます。

 

腎不全とは何でしょうか

腎臓の「糸球体」の目がつまってしまい、血液を濾過できなくなり、老廃物を十分排泄できなくなる状態で、腎臓の働きが正常の30%以下に低下した状態を腎不全といいます。

70%位から腎不全予備軍と言われます。

いったん慢性腎不全になると、腎機能は回復せず、「治らない」と言われてしまいます。

腎臓03

症状

腎不全の症状には、尿毒症と高カリウム症の症状があります。

尿毒症

むくみ

かゆみ

吐き気

思考力低下

口臭

血圧が上がる

皮膚が黒くなる

尿が少なくなる

 

高カリウム症の症状

カリウムが排泄されず、血中にカリウムが多くなることがあります。

カリウムの血中濃度が増えると、心臓が止まることもあり、危険です。

だるさ

吐き気

しびれ

脈が乱れる

失神

 

腎臓の働き

(1)老廃物を尿として、体の外に出す

(2)体の中の水分や電解質を調節する

(3)血液を造るホルモンと血圧を調節するホルモンを分泌する

(4)ビタミンDの活性化を行う

(5)不要になったホルモンを不活化する

腎臓1

腎不全の治療

1 血液透析

採血する時のように、針から抜き取られた血液が管を通って体外に運ばれ、ダイアライザーという装置の中で、血液をきれいにします。

ダイアライザーという装置の中で、血液と透析液が半透膜を介して接することにより、尿毒素が捨てられ、体に不足している物質が補われ、きれいな血液が再び体内に戻されます。

週に2~3回、1回4~5時間が必要です。

 

2 連続携行式腹膜透析(CAPD)

半透膜という性質を持った腹膜を利用して血液をきれいにする方法です。

腹膜に囲まれた腹腔という空間の中に透析液を注入し、透析液と半透膜の作用により、血液が濾過されます。

これを約5~6時間ためておいた後排液します。

この操作を1日に4、5回繰り返します。

 

3 腎移植

 

血液透析やCAPDの治療効果と限界

血液透析やCAPDは腎臓の代行をしますが、上の腎臓の働きのうち(1)と(2)の働きしかできません。

治療というよりも生体維持的方法です。

完治の可能性があるのは、腎移植だけです。

 

ジェモセラピー

Gemmotherapyとは、人間に有益な植物が、発芽から新芽となって伸びていくときだけ合成される成分Gemmo(ジェモ)を精製して利用するものです。

ジェモは成長と、分化を活発に起こします。

『セイヨウネズ』は腎臓に効果があります。

西洋ネズには、肝臓に関しては炎症を防ぐ効果、腎臓には利尿作用があることが知られています。

 

 

ムラキテルミさんの腎機能を高める入浴法

腎臓の機能は体内の老廃物を尿と一緒に出すことですから、その働きを助けるという意味でも、尿排泄以外の方法で毒素を体外に出せれば大きな助けとなるはずです。

それが汗です。

運動による汗が本当はいいのでしょうが、病気をしていては運動できませんので、入浴が最善の方法になります。

 

「熱めのお湯で、半身浴。

心臓から下あたりまでつかり、

下半身が真っ赤になるまで。

1度湯船から上がり、

冷水シャワーをあびます。」

 

これを、1セットとして、

3セット行います。

 

以上です。

 

1週間も続けると、汗が止まらなくなり、

冷水シャワーを浴びてから熱い湯に入るときに、全身がチリチリ痛むことがある。

慣れると快感に変わるらしいです。

 

以下の症状はすべて腎機能の低下によるものだそうです。

①象の足のようなムクミ

②足の冷え

③足がつる

④不眠

⑤腰痛

⑥骨折

 

この中でおもしろいのは④⑤⑥です。

④不眠 人間の脳は体温32度以下になると脳死してしまいます。腎機能が落ちていると体温が下がり、睡眠中はさらに下がるので、32度以下にならないように眠らせないのです。腎機能低下に場合、それで不眠が起こるという考え方です。

 

⑤腰痛 大腸か腎臓が腫れて、神経を圧迫しているので腰痛になります。腰の骨に問題はないという考え方です。

 

⑥骨折 ムラキさんは、骨折は腎臓のデトックス症状だと言っています。

腎虚(じんきょ)が、骨を弱らせ、骨を折ることで血液を無理矢理循環させ、腎臓の働きを助けているという考え方です。

 

シュタイナーの観点

Venus1

腎臓に相当する惑星は金星です。

金星はローマ神話では、美の女神ヴィーナス。

ギリシャ神話では、同じく美の女神アフロディテ。

キリスト教ににおいては、神々しい光と気高さから、ルシファー(ラテン語で「光をもたらす者」)と呼ばれ、神に仕える最高位の天使であったが、後に地獄に落ちる堕天使の名前となります。

腎臓は最も重要な臓器でありながら、悪くなると取り返しがつかなくなるところは、まさにキリスト教の命名通りと言えそうです。

金星は内惑星ですので、地球よりも公転周期が短く、一定の時間帯にしか見えないので、リズムが重要だと考えられます。

上記の入浴法に加えて、食事療法とともに、徹底的なオイルマッサージに希望を見出したいです。

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲