祈りが病気に効果的だって、信じられますか!?


皆さん、こんにちは!

今日は祈りの効果についてお話します。

 

アメリカ各地での実験

祈りが病気に効果があることを証明する実験がアメリカで行われました。

 

末期がん患者を対象にして、 ABの2グループに分けて実験を行いました。

Aグループの患者さんは祈ってもらうグループです。

Bグループには何もしません。

Aグループの患者さんの名前を遠隔地に住む見知らぬ人たちに教えて祈ってもらいます。

Aグループの患者さんは祈ってもらっていることを知りません。

 

結果は、Aグループの患者さんの方が、回復率が高かったのです。

アメリカのいくつかの都市で同様の実験をしましたが、いずれも同じ結果が出ました。

 

これってすごいですね。

何がすごいかって、そのことそのものよりも、

そういう実験をしたっていうことが、すごいと思います。

 

と言うのも、祈る人が自らの正統性を証明するために行った実験ではなく、

医学界が行った実験だからです。

 

ノースキャロライナのデューク大学医学部は、祈りの効果を調査した結果を以下のように報告しています。

「祈ったり、聖書を読んでいる高齢者は、健康で長生きしている」

「祈りと瞑想のメカニズムは、ストレス解消の点で同じだ」

「祈ることでストレスが解消されている」

< Sponsor Link>

スピンドリフトの研究報告

祈りについて研究調査している団体、スピンドリフトの研究報告です。

Ⅰ 祈りは実現する。

これは、最近流行の思考は現実化するということと、ほぼ同じ構造をもっていますね。

その線で考えれば、あたりまえなことであると言ってしまえるかもしれません。

 

Ⅱ 苦しみが大きいほど祈りの効果がある。

麦の種をつけている水に塩分を加えて、ストレスが多い状況を作り、塩分の濃度が高くなるほど、ストレスが大きいほど、祈りの効果が大きいという結果が出ました。

重病人ほど、または不幸な環境にいるほど、祈りの効果が大きいと言うことですね。

これは、辛い状況にいるほど、人はさまざまな細かい欲望を手放して、最も重要なものだけを願うことができるからだと思います。

死の間際に近づけば、命だけは助けてください!となり、名誉やお金もいらないことに、気が付くのでしょう。死が近づけば、命を惜しむこともせず、天国に導いてください!と思うかもしれません。

 

Ⅲ 祈りの効果は祈りの量に比例する。

この結果はけっこうフィジカルですね。

祈る時間が長ければ長いほど効果があるということは、質は問われていないという印象を持ちます。

質は、どうなんでしょうかね・・・・Ⅵの項目と矛盾する気がします。

 

Ⅳ 対象を絞った祈りが効果的

他者に向けて祈る場合は、対象の絞り込みが効果的ということでしょうか。

患者さんの名前を手にして、その名前の人に向けて祈るという意味では、そうなのかもしれません。

自分自身への祈りは、Ⅶ のようになりますね。

 

Ⅴ 祈りの対象の数が増えても効果は変わらない。

祈る対象が種であるならば、種が10個であろうと1000個であろうと結果は変わらないそうです。

1人に対して祈ろうと、10人、100人に祈ろうとも、祈りの効果は同じと言うことです。

 

Ⅵ 祈りの経験の長い人ほど祈りの効果が大きい。

やはり、祈りの質は重要ということですね。

経験豊かな人は、それだけ自分の内面を宇宙のリズムと一致させることができるでしょうし、コントロールも可能なのだと思います。

 

Ⅶ  「無指示的な祈り」は、「指示的な祈り」より効果が大きい。

「指示的な祈り」とは、は宇宙に対して「こうしてください」と注文をつける祈り方で、いわば、不満を訴えています。

無指示的な祈りは、これといった特別な成果を求めずに、最良の結果を願うことです。

言わば、「神に身をゆだねます」という姿勢です。

「無指示的な祈りの方が、2倍以上の効果をもたらしたそうです。

 

医療界は「過信せず、医療との併用を」 お医者さんの側は、祈りの病気への効果を期待する動きに対して賛否両論です。

 

「祈りを一生懸命にするあまり、治療が遅れて、手遅れにならないようにした方がいい」

とか

「現代の医療の代替医療になりうるものではなく、併用するのがいい」

「病気の予防や治療後の回復力維持に役立つのではないか」

という意見があります。

ろうそく00051

自然寛解

自然寛解とは、治療をせずに、自然に治ってしまうことを言います。

 

意図的な実験の結果ではなく、 ガンを自然寛解した人50人に、

「なぜ治ったのか」と尋ねたアンケートの調査結果があります。 一番多かった答えは「祈り」でした。 複数回答で、

祈り68%

瞑想や運動64%

ウオーキング52%

音楽50%

などの回答がありました。

 

感想

「祈りが病気を癒す」は「思考は現実化する」と同じ構造だと思いました。

引き寄せの法則なんかでも、

「お金持ちになる」「お金持ちになりたい」と思っても

引き寄せの法則が働かず、なかなか思考が現実化しないことがあります。

ただ、思えばいいのではなくて、

思い方が、宇宙や生命の法則に即した状態になっているかどうかがポイントだと思うんですよね。

 

それは、熟練した祈りの質みたいなことになってくるのかな?

と思います。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲