肺炎、マイコプラズマ肺炎にホメオパシーと食事療法が有効


みなさん、こんにちは!

今日は肺炎についてまとめてみました。

 

症状

悪寒、発熱、長引くせき、たん

肺炎の中でもマイコプラズマ肺炎の場合は、痰が出ずに空咳だけが続くことがあります。

肺炎は特殊なものを除いては、不治の病ではありません。回復する病気です。

 

肺炎の種類

細菌性肺炎・・・・   ほとんどの肺炎は、細菌性肺炎です。

ウイルス性肺炎・・   ウイルスが原因で起こります。

マイコプラズマ肺炎   マイコプラズマという病原体による肺炎。若い人に多い肺炎です。

レジオネラ肺炎・・   レジオネラが感染しておこる肺炎です。

 

肺炎の治療法

治療は原因となる細菌に効く抗生物質を使います。

症状を軽くするためには、解熱剤や去痰薬を使います。

通院で治療が可能な場合と、入院が必要な場合があります。

 

肺炎の検査

胸部X線検査と血液検査が必要です。

さらに、痰の検査、CT検査、胸水検査、呼吸機能検査、嚥下検査、細菌培養検査が必要な場合があります。

< Sponsor Link>

アロマテラピー

ブリース (別名 イージーエア)が有効だと言われています。

 

ホメオパシー

ホメオパシーでは、多くの効果的な症例が報告されています。

Lobのマザーチンクチャーや

Arsが効くと報告されています。

 

マクロビオティク食事療法

肺は身体の中で最も陰性の部位です。吸引した空気に触れて、常に外界にさらされていてます。肺は陰なので、陰性になり過ぎたり、冷えたりすると病気になりやすいです。癌にもなりやすいです。

逆に最も陽な身体部位は心臓です。心臓は癌になることはほとんどありません。陽のエネルギーに満ちているからです。

肺は陰なので、陽性の食事で中和する必要があります。

陽性の素材、ごぼうやニンジン、特にレンコンがいいです。

玄米を中心とした食事で、味噌醤油の味付けを強めにして、身体を温め、暖かい血液が流れるようにする必要があります。

玄米菜食1

シュタイナーの観点

肺に対しては、ニューモドロンという自然な薬があります。ニューモというのは、肺を意味する語幹です。

 

 

 

 

 

 

 

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲