飛蚊症の原因は早期教育ってほんと?


飛蚊症の原因と対処法

 

皆さん、こんにちは!

今日は飛蚊症の原因と対処法についてお話します。

 

飛蚊症って何?

目がぼやーっとして、視界全体がぼけて見えなくなってしまったり、視界にチラチラ異物が見えたりする現象です。

体力が低下したり、不良な食事をとったりすると、症状が出ることがあります。

英語では、メイバーン?と言うらしいです。

 

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は現在の科学では、まだ解明されていません。

おそらく、科学が精神の存在を認めて、精神的な角度から事実を観照できるようになるまで、この理由が明らかになることはないでしょう。

 

それでは、精神的な観点から、飛蚊症を考えるとどうなるでしょうか?

飛蚊症は、知的能力が発達した人に多い、という事実から考えると、

人間の健全な成長のリズムを逸脱した過剰な早期教育が原因であると推測することができるでしょう。

人間の健全な成長のためには、幼少期は穏やかな環境に保護されて、自然とともに生活することが望ましいです。人為的な知的教育を行うと、人体のバランスが崩れて、取り返しのつかないことになります。

幼少期に必要な教育方針は、

子どもがやりたくないことはやらせない!

親の意向はなるべく控える!(特にそれが知的活動である場合は厳禁です。)

この二点が重要だと思います。

 

対処法

これといった治療法はありませんが、

十分な休養と栄養補給が有効だと言えるでしょう。

十分に睡眠をとったり、良質タンパク質とビタミンを含む自然素材を食するといいでしょう。サプリメントは相当に良質のものでない限り、おすすめはしません。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲