筋肉痛は若い証拠ですが、アロマでしっかりケアしましょう!


皆さん、こんにちは!

今日は筋肉痛の話です。

 

少し激しい運動をすると筋肉痛がおこることがあります。

誰しも経験したことがあるでしょう。

 

若い時には、急激な運動の翌日に筋肉痛が起きますが、

年齢を重ねると翌日には筋肉痛は起きません。

2日後や3日後、ひどい時は一週間後に筋肉痛になります。

 

なぜ、そういうことが起きるのかは、筋肉痛の原因を調べてみないとわかりませんが、

言えることは、筋肉痛がすぐに起こるのは、若い証拠だということです。

 

それでは、筋肉痛はなぜおきるのでしょうか。

 

筋肉痛の原因

筋肉痛の原因は科学的にはわかっていませんが、

主な説が3つあります。

疲労物質説

激しい運動をすると、筋肉の中に疲労物質が溜まります。

この疲労物質は乳酸と言われていますが、これが筋肉痛の原因だという説です。

 

ちょっと走ったり、腕立て伏せをするだけで、筋肉痛になる人もいれば、かなり激しい運動をしても筋肉痛を起こさないスポーツ系の人もいます。

この説によれば、体育系の人がちょっと軽い運動をした場合は、乳酸菌は出ていないことになります。そこは研究調査が必要です。真偽はまだわかりません。

 

筋肉組織の損傷説

筋肉が収縮を何度も繰り返すと、軽い断裂をおこします。

この断裂して傷ついた部分が炎症を起こすことが痛みの原因だという説です。

 

軽い運動では断裂は起きないので、この説は信憑生が高いと思います。

 

筋肉修復時の炎症

一度断裂した筋肉が再生して、新しい筋肉繊維ができる時に痛みが生ずるという説です。

 

これは2番目の理由とほぼ同じですね。壊れる時に痛むのか、再生する時に痛むのかの違いがあるだけです。

 

年齢を重ねた人の筋肉痛の発症が遅く、回復に時間がかかるという事実から、この説がもっとも信憑性があるという印象を受けますが、やはり真偽のほどはわかりません。

 

対処法と予防

筋肉痛はほうっておいても治りますが、

処置をしてあげた方が身体にはいいですよね。

処置をしてあげれば、身体は喜ぶと思います。

特に、マラソンなど非常に激しい運動をした後はケアが必要です。

ケアをしないと筋肉痛ではすまなくなり、肉離れや疲労性骨折の原因になりますので、できるだけケアをしてあげましょう。

整体11

アイシングやマッサージは非常に効果的ですが、

これに加えて、今日はdeTERRAの製品を紹介します。

 

ディープブルー

deTERRAのブレンドオイルです。

ブレンドの中身は、ウィンターグリーン、カンファー、ペパーミント、ブルータンジー、ジャーマンカモミール、ヘリクリサム、オスマンタス アブソリュート

 

これを数滴、痛みのある幹部に塗ります。

ナチュラルで即効性のある効果が期待できます。

 

または、

ディープブルー・ラブ

ラブと言っても、 Love ではなく、 Rub です。

白いクリーム状の製品で、塗りやすく、伸ばしやすくなっています。

 

ディープブルー は、エッセンシャルオイルもラブも

運動後のケアだけでなく、運動前の予防にも使用できるところが、優れものです。

運動前や、遠足に出かける前などに、痛みそうなところに塗っておきます。

例えば、長時間の買い物や、遊園地で遊びまわる時など、筋肉痛ではなく、足が棒になってしまう時などにも効果的な予防的ケアができます。

 

ただ、臭いがサロンパスのような臭いがするので、ちょっとびっくりです。

自然なもので、こんな臭いがするということは、

サロンパスは、この臭いを真似しているのかと、うがった見方をしてしまうほどです。

臭いの原因は、たぶんペパーミントとブルータンジーだと思いますが、違うかもしれません・・・・勉強不足・・・ですみません・・

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲