小さい赤い虫が手すりや壁やベランダに現れる!その正体は?


皆さん、こんにちは!

今日は小さい赤い虫正体のお話です。春も5月頃になってくると、手すりベランダなど、コンクリートや金属の部分に小さい赤い虫を見たことはありませんか?

気持ち悪くてさわれない!とお感じになっていらっしゃることでしょう。

その正体は・・・?

タカラダニ01

小さい赤い虫の正体は、タカラダニ!

小さい赤い虫タカラダニです。

昆虫ではなくて、ダニです。

正式には、ダニ目前気門亜目タカラダニ科アナタカラダニ属のカベアナタカラダニです。

学名は、Balaustium murorumです。

5月になると現れ、7月にはいなくなります。

朝方は、うようよ出てくるのですが、夕方にはいなくなっています。

現れる場所は、コンクリートや金属部分です。

おそらく、そこにえさがあるのだろうと推測すると、そこにたまっている花粉や有機物を食べていると考えられます。

 

人への害はないようです。偶発的にかまれることがあったとしても、攻撃性からかむことはないようです。毒もないので、安全ではあります。

ただ、身体が赤いので、つぶすと赤い体液が出て、衣服などに付くと落ちにくいので注意が必要です。

 

駆除

駆除は簡単?にできるようです。

タカラダニ用の殺虫剤が売られていますので、それををまけばいいのですが、一度では数が減るだけで、全滅させるには、何度も繰り返し、まかなければなりません。

それでもだめなら、駆除効果が継続的に残るものを使わなければなりません。

タカラダニやムカデ、ゲジゲジ用に「ノビマックス油剤 4L 徘徊害虫用駆除油剤」というものがあります。参考までに。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲