瞑想で直感を磨くことができるって、すごいです!


皆さん、こんにちは!

瞑想や祈りが人体に良い影響を及ぼすということなので、

きょうは瞑想によって磨かれる直感についてお話します。

 

直感、直感、と言いますが、直感とは何なのでしょうか?

 

直感には3種類あります。

 

イマジネーション  Imagination

インスピレーション Inspiration

イントゥイッション Intuition

 

イマジネーション (霊視)

イマジネーションとは視覚的な直感です。

「山」と言われれば、山を想像し、

「川」と言われれば、川を想像します。

しかし、ただ単純に概念として、山とか川を思うのではなく

絵として、映像として、画像として、内的に想像することです。

例えば、富士山と言われて、富士山は日本一高い山だ、などと思うのではなく、具体的なイメージを思い描きます。

何色の富士山でしょう?

赤い夕焼けの中にある赤富士でしょうか。

朝の澄んだ空気の中にそびえる青い富士山でしょうか。

冬の寒さにたたずむ白い富士山でしょうか。

 

影はありますか。

雲は出ていますか。

ふもとには何が見えますか。

富士山01

このように具体的な詳細についても細かく想像できますし、

イメージを変えることもできます。

富士山02

このイメージを強く持った人が話をすると、

話が良く伝わってきて、眠くなることが少ないです。

 

おしゃべりが面白いのはイマジネーションがあるが故だと言ってもいいでしょう。

実際に体験した本当のことを話すと

実際に見てきたことをそのまま話すので、イマジネーションが伝わりやすいです。

 

嘘をついていると、イマジネーションが伝わらないので、

ばれてしまいます。

嘘がうまい人や上手な俳優は、イマジネーションを描き立てて話しますので、嘘がばれにくかったり、名演技となったりするのです。

 

イマジネーションは、最も人に伝えやすいものです。

そして、訓練によって最も獲得しやすいものです。

 

インスピレーション (霊聴)

インスピレーションは聴覚的な直感です。

インスピレーションの媒体は音です。

人が音を聞いて感じること

あるいは、

何かを音によって表現するときの基礎となる音の世界を感じ取ること

それがインスピレーションだと言っていいでしょう。

例えば、

インスピレーションを駆使すると、音の本質が見えてきます。

半音は陰鬱な辛さや悲しみや苦しみ。

短3度は悲しみ。

4度は掛け声や呼び声の要素。

5度はあいまいとした境界線をどちらともなくまたいでいる状態。

など、基本的な音の本質的な性質を感じ取ることができます。

 

音の世界を感じ取る力がインスピレーションですから、

作曲家は、インスピレーションを必要としています。

音楽家はかなり、インスピレーションを発揮する機会に恵まれています。

 

訓練次第では、音の背後にある世界が見えてくるかもしれません。

 

 

イントゥイッション (霊的直観)

イントゥイッションは霊的直観とか霊的合一と訳されますが、

人間の全存在から発するあらゆる経験や能力を使って得られる直感のことです。

ですから、霊的合一と言われるのです。

絵や音に限定せず、あらゆる経験から得た知恵を総動員して統合し、最も核となる本質に触れることです。

 

経験が多ければ、より良い直感を得られるでしょうし、

たくさん勉強した世界に関することについては、より良い直感が働くことになるでしょう。

< Sponsor Link>

瞑想をすれば、直感が磨かれます

直感を高めるために、さまざまな方法があると思いますが、

瞑想は最も容易にできる方法でしょう。

瞑想して、頭と心をすっきりと空っぽにすれば、

晴れた空のように、遠くまで見通すことができるからです。

 

澄んだ思考の中にいれば、誤りや間違いを避けることができます。

そして、良いものだけを拾って、

数少ないチャンスをものにもできます。

 

瞑想をすれば、運もよくなり、

運勢もアップするのではないでしょうか。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲