痔は馬油で緩和しましょう!


みなさん、こんにちは!

今日はちょっと話しにくいの話です。

経験者です!

実は私は痔になったことがあります。

いぼ痔、というやつです。

当時、私はまだ23歳でしたが、

生まれて初めて彼女ができて、

とっても幸せだったんです。

 

ところが、お付き合いをするうちに、

いろいろあって、いろいろあって、

とうとう半年後には、

ごたごたのうちにお別れすることになりました。

 

いぼ痔になったのは、その直後です。

ストレスです。

大変だったんですね。

詳しいお話はできませんが、自分の力量を超えたお付き合いだったんですね。

 

それで、結局、私のいぼ痔の原因は、ストレスということで理解したのですが、

一般的にもそうなのでしょうか?

 

痔の原因についてお話する前に、

痔には3種類あることをお伝えしなければなりません。

 

痔の3種類

脱肛(だっこう)(いぼ痔)

硬いいぼのようなこりこりっとした腫れ物です。

これが肛門の内側にできることを、

 内痔核脱肛(ないじかくだっこう)と言います。

痔の中で最も多いのがこのタイプです。

このいぼのような痔核は、血液が滞ってかたまっているものです。

また、肛門の外側にできるものを外痔核脱肛と言います。

 

裂肛(れっこう)(切れ痔)

肛門の粘膜が避けて、傷口ができてしまう状態です。

傷口ですから、出血します。

 

痔瘻(じろう)(穴痔)

肛門が炎症を起こして、膿が出る状態です。

進行すると、肛門付近にトンネルのような穴ができますので、穴痔と言います。

< Sponsor Link>

さて、原因なのですが、いぼ痔と切れ痔の原因は、ほぼ同じだと考えられています。

 

脱肛(いぼ痔)の原因と対応

便秘によるいきみなどで発症することがありますが、

なぜ、そもそも便秘をするのでしょうか。

便秘の原因は、食物繊維や野菜の不足などの偏食。

または、ストレスにより血液の循環が局部的に悪くなって発症すると考えられます。

便秘の原因である肉体的及び精神的ストレスを取り除き、

便秘を解消することが必要です。

 

裂肛(切れ痔)の原因と対応

裂肛(切れ痔)の原因は脱肛(いぼ痔)の原因とほぼ同じですが、

加えて、継続する下痢が原因となることがあります。

これも原因を取り除くことが最良の治療になるでしょう。

 

痔は便通異常が直接的原因なので、安易な手術はさけて、生活を改善するようにしましょう。

手術では原因まで治すことはできません。

 

痔瘻(穴痔)の原因と対応

下痢などにより、肛門にある線状のくぼみから大腸菌などが感染し炎症を起こします。

原因としてストレスや免疫力の低下などが考えられます。

 

食生活や生活リズムの改善によって免疫力をあげるようにしましょう。

もし、穴が開いて痔ろうになってしまったら、手術をするしかないと言われています。

 

馬油(ばあゆ)の効能

馬油(ばあゆ)は炎症に効果があると言われています。

肛門の内外に塗ることによって、

特に、裂肛(切れ痔)や初期の痔瘻(穴痔)の傷口を覆いますから、

衛生的な面からも効果があると期待されます。

 

お医者さんに行くと座薬をもらうことがありますが、

肛門に塗ることによって、滑らかに座薬を挿入できます。

 

感想

結局、私のいぼ痔は、ぐずぐずしながらも、1年くらいで治りました。

食事にも気をつけましたし、

不愉快なことを我慢して頑張るのはやめました。

 

一般的にストレスが症状に出やすい身体の部位は、

胃、消化器系だと言われていますが、

肛門はその最終部分ですし、

また神経が多く集まっているところですので、

ストレスの影響を受けやすい部位であると思います。

健康的な食生活と生活のリズム、

そして何よりも、

過剰なストレスは避けて通ることが大切ではないかと思います。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲