湿疹は入浴すると悪化するのでしょうか・・・?


皆さん、こんにちは!

湿疹入浴の話をします。

 

湿疹は入浴すると悪化するのでしょうか・・・?

 

よくお医者さんが「お風呂に入らないでください」と言われることがありますが、

これって、風をひいた時に口癖のように出る言葉で、皮膚炎の時にも、同じように言ってしまったのではないかと疑います。

ひどい時は、「石鹸菌をよく落として、清潔にしてください」と言われたことがあります。

石鹸菌なんてあるのかなぁ、と思いましたが、まぁとにかく清潔にしておこうと思ってやり過ごしました。お医者さんも完ぺきではないので、致し方ないです。

結論から言えば、お風呂で悪化することはなく、むしろ入浴するべきだ、という意見が正しいと思われます。

 

スキンケアの基本

スキンケアの基本は清潔と保湿だと言われています。

皮膚を清潔に保つことはとっても大切なことです。

皮膚を清潔にしなければ、雑菌が繁殖して症状が悪化してしまうからです。

入浴せずに治るまで一体何日過ごせというのでしょうか。

そもそも不潔にしていることは、気持ちのいいことではありません。

入浴が終わったら、肌が水分を含んでいるあいだに、保湿クリームやオイルを塗るといいです。

入浴後は体温が上がっているために、乾燥しやすいです。

できれば3分以内に保湿するといいと言われています。

それ以上時間がたつと乾燥が始まってしまい、保湿の効果がなくなってしまいます。

< Sponsor Link>

 

なぜ、そう言われるのか・・・

確かに入浴後は皮膚の状態が悪化したように見えます。

温度が上がることによってかゆみが増すことがあります。

普段は症状を出していない軽い湿疹が浮き出てくるからです。

しかし、これに対しても、冷やすことによって、すぐに対処すれば、すぐに症状は和らぐはずです。

扇風機や氷を使って冷やせば大丈夫ですよね。

コオリ1

推奨Weleda製品

Weleda製品が有効という意見が多いです。

カレンドラオイル

カレンドラミルクローション

カレンドラフェイシャルクリーム

weleda_product10

 

シュタイナーの観点

皮膚病とは何なのか、皮膚病になりやすい人はどういう人なのでしょうか。

皮膚は身体のもっとも外側を覆っている部分です。

もっとも外側の部分はもっとも内側の部分に対応していると考えます。

人間の構成要素のうちで、もっとも内側の部分は「自我」です。

自我に問題があると皮膚に影響が出ます。

自我とは自分という意識、自我意識のことですから、目に見えない精神活動の一つです。

そこに問題があるということは、精神的に安定していない状態であり、簡単に言えば、何かしらのストレスを感じている状態になります。

皮膚病の原因、特に慢性の皮膚病の原因は、ほとんどがストレスだと考えられます。

ストレスと言ってもさまざまなタイプのストレスがありますが、

例えば、人生の転機において、自分の希望に沿わない状況に追い込まれてしまったり、またそれを受け入れられなかったりしたときに発症した皮膚病は、その問題が当人の内面において解決されないかぎり、症状がおさまらないことが見られます。

精神的に自分を見つめ、自分が抱えている問題に真正面から取り組みことも、治癒に至る大事な要素であると考えられます。

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲