ココナッツオイルは水虫、炎症、口臭に効果ありってスゴ過ぎ!


皆さん、こんにちは!

今日はココナッツオイルの話です。

ココナッツオイルは万能のオイルです。

もしかしたら、オリーブオイル以上かもしれません。

その万能ぶりをご紹介します。

 

代々木公園で毎年開催されているアースデイには、

目移りするほどのたくさんの出店がありますが、

その中に、ココナッツオイルを売っているお店がありました。

そこで、ココナッツオイルを買って

しばらく使っていたことがあります。

 

このココナッツオイルには

とってもおもしろい性質があります。

 

融点25℃

ココナッツオイルは25℃で固まります。

台所にココナッツオイルを置いておくと

夏は液体で、冬は固体の姿を見せてくれます。

夏はごま油を使うようにスプーンですくい、

冬はバターを使うように、スプーンで、ごそっとほじくり出します。

おもしろいですよね!

 

しかも、常温保存が原則です。

冷蔵庫に入れる必要ありません。

さすが、南国の人気オイルですね。

 

と言いますか、これってすごいことなんですよね。

一年中常温で出しっぱなしで腐らないんです。

 

バターの融点は30℃前後です。

夏季は常温で溶けて腐ります。

ココナッツオイルは腐りません。

 

オイルだから、と言ってしまえばそれまでですが、

抗菌作用が強いからなんです。

ココナッツオイル01

ラウリン酸の抗菌作用

ココナッツオイルにはラウリン酸が含まれています。

ラウリン酸には強い抗菌作用や抗炎症作用がありますので、 ニキビや水虫、

皮膚炎などに有効だと考えられています。

< Sponsor Link>

いくら食べても太らない

ココナッツオイルはいくら食べても太りません。

そんなこと言っていいのかと思いますが、

どうもそのようです。

 

ココナッツオイルには、短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸が圧倒的に多く含まれています。

短鎖脂肪酸は体重増加を防ぐ効果があります。

中鎖脂肪酸は吸収されやすいため、脂肪が付きにくいという性質があります。

それは、代謝が良くなるという働きでもありますので、

炭水化物の炒め物などには

ココナッツオイルが最適です。

あとは、味付けの努力だけですね。

 

美肌、ダイエットなどにも良い!

ココナッツオイルにはトコトリエノールが含まれています。

トコトリエノールには強い抗酸化作用があるので、

簡単に酸化しません。

スーパービタミンEとも呼ばれていて、

アンチエイジング、美肌、ダイエットなどに効果大です。

 

口臭予防効果

口臭の主な原因は、口腔内のバクテリアですね。。

ココナッツオイルには先ほど紹介したラウリン酸のほかに

やはり抗菌作用のあるカプリル酸が含まれています。

これらの成分がバクテリアをやっつけてくれます。

 

ココナッツオイルを口に含んで

やや長めにマウスウォッシュするといいらしいですが

想像すると、この方法はちょっと気持ち悪いですね。

口の中がオイルでヌルヌルになってしまう感覚があります。

 

活性酸素を除去してくれます

呼吸をするときに活性酸素が発生します。

活性酸素は細胞を傷つけると言われています。

ココナッツオイルに含まれているケトン体がこれを除去してくれます。

 

アルツハイマー病も改善

ヴァージンココナッツオイルを毎日飲み続けると

アルツハイマー病が治るという事例があるそうです。

 

ココナッツオイルに含まれているケトン体は

ブドウ糖に代わる、エネルギー源になると注目されています。

脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、

アルツハイマー病は、脳にブドウ糖が吸収されにくくなっている状態です。

ケトン体がブドウ糖に代わって栄養源になると考えられています。

これによって脳細胞の浸食が食い止められる可能性があります。

 

重要な違いに注意

ココナッツオイル

ヴァージンココナッツオイル

はまったく別のものと考えた方がいいです。

ネズミを使った実験

ある研究者がココナッツオイルをネズミに与えて実験したのですが、

この研究者は有害な水素化されたココナッツオイルを使用していたそうです。

このネズミは実験後、肝臓をやられてしまいました。

 

使用したココナッツオイルの成分中に、2割程度の不飽和脂肪がありました。

不飽和脂肪が水素化する過程で、

トランス脂肪という人工的な飽和脂肪ができます。

これが人体に有害な影響をもたらすことが知られています。

 

つまり、研究者が使ったココナッツオイルは

水素化された不純なココナッツオイルだということです。

純粋なものはヴァージン・ココナッツオイルと呼ばれています。

 

市販されているココナッツオイルは水素化されている場合がありますので、

十分に注意しましょう。

さらに・・・

ヴァージン・ココナッツオイルとして売られているものでも、

ラベルに偽りがある場合もあるようなので、

自分で手に取って、

感覚を研ぎ澄まして見極めていく必要がありますね。

 

なんだか、現代は、食品選びで生き残りゲームをしている気がしてきます・・・

 

ある国際会議で

ちょっと目にした他人の会話なのですが、

インドネシア人の女性医師と日本人女性の会話です。

どうも日本人女性は体調が悪いらしく

その状態を説明していたようなのですが、

インドネシア人の女性は

手にしていたココナッツオイルを日本人女性に渡して

「これを使って!」と言いました。

そこは日本でしたから、

この人はインドネシアからそのココナッツオイルを持参していたのです。

ということは・・・

ココナッツオイルは、もっとも効果的で万能な薬のようなものなのでしょう。

インドネシア人が伝統的に使用している万能薬なのかもしれません。

きっと、そうなんだ!という印象を持ったものです。

 

今日の話から、なるほど!

と思えるしろものだとわかったような気がします。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲