初期の風邪には運動が効果的ってほんと?


皆さんこんにちは!

今日は風邪運動の関係についてお話します。

 

初期の風邪

風邪と言っても、高熱が出たり、吐き気がしたり、など、完全に引いてしまった重い風邪ではなく、まだ引きはじめの初期の風邪についてです。

頭痛がする程度の初期の風邪ならば、軽い運動がいいです。

運動をして汗をかくくらいに体温をあげると、免疫力がアップします。

免疫力があがれば、体内に不要な菌やウイルスを撃退してくれます。

また、体温が高いと体の機能全体がよく働きます。

 

特に子どもは、外で元気に遊んでいれば治ってしまいやすいです。

そうです。だから、遊び感覚で、楽しく運動することが大切ですね。

無理矢理、苦しい修行のように運動するのではなく、音楽聞いたりおしゃべりしたりしながら、走ったり筋トレしたりするといいですね。

 

ルドルフ・シュタイナーは人体について、少々の具合の悪さは、自然に動いているだけで治ってしまうものです、と言っています。

リズム正しく、自然と調和した動きが人体を健全な方向へ向かわせるのですね。

運動して身体を温めて、家で暖かくしてゆっくりたくさん眠りましょう。

風邪はさようならです。

 

もし、進行している風邪なら、運動しないで、ゆっくりたっぷり寝ましょう!

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲