癌の存在意義とは何か?(1)医療業界編


皆さん、こんにちは!

今日はがんの存在意義についてお話したいと思いますが、

まず最初に、先日、生放送のテレビで放映されたNG発言(放送事故)について、

お話ししたいと思います。

 

シューイチで紹介された歯医者さん

2015年6月28日

日本テレビの7時30分AMから放映されている「シューイチ」という番組で、

とっても良い歯医者さんが紹介されていました。

この歯医者さんは学校医もしていて、

独自な歯磨きの仕方の取り組みで、

小学校の全校児童の95%を虫歯ゼロにしたのです。

すごいですねー!

立派な歯医者さんです。

しかし、その時

あるコメンテーターがこんなことを言いました。

「もし、歯医者さんが皆、こんな風になって、

虫歯の子どもがいなくなったら、歯医者さん困っちゃわないですかね」

ピントがずれた発言に一同、シーン・・・

まずい空気が流れました。

 

ピントがずれた場違いな発言ではありますが、

これは意味深い発言です。

虫歯の子どもがいなくなって、歯医者さんに患者が来なかったら、

歯医者さんの経営は成り立たなくなってしまうと言っているからです。

 

この発想が問題なんですよね。

こういう発想をすると、物事は悪い方向へいきます。

この発想は

暗黒への入り口になるのか、

天国への階段になるのか、

その踏み石のような疑問です。

実際に、歯医者さんに質問をしてみたらどうなるのでしょうか。

「もし、正しい歯磨きキャンペーンが成功して虫歯の子どもがいなくなったら、どう思いますか?」

この質問に対して、悪魔が微笑むのか?

天使が微笑むのか?

その答えは、歯医者さんの心の奥の実存だけが知るのみです。

 

「それこそ望むところです。

皆さんの虫歯がなくなって、

皆が幸せで、

私たち歯医者の存在意義が無くなることが理想です。」

そんなことを言う歯医者さんが多ければいいのですが・・・。

 

「キャンペーンを中止して、砂糖菓子をばらまきます」

と言う歯医者さんが皆無ならいいのですが・・・。

 

さて、この問題は、がん医療の世界では深刻な問題です。

< Sponsor Link>

医療業界は売り上げ増を狙っています!

残念ながら、医療業界は先ほどのコメンテイターの発想を持っています。

医療業界は、マスコミやインターネットを使って、

病気を放っておくことは危険であると強調し、

人々の不安をあおります。

そして、検査を受けるように促します。

そして、異常な数値を発見し、病気の可能性を疑います。

 

なんてことでしょう。

検診の有害性が叫ばれているのに、

そんなことはお構いなしです。

適当な病名をつけて、治療して、請求書を出します。

 

がんは、売り上げ増を狙うには最適な市場です。

患者一人当たりの医療費は、1千万円近くになります。

 

ここに医療業界にとっての、がんの存在意義があります。

 

ほうっておいても大丈夫な患者でさえも

「念のために、治療しておきましょう」

と言って、病気にしてしまいます。

 

抗がん剤の危険

抗がん剤は効かない、

がんを治さない、とわかっているのに、

抗がん剤や放射線療法、手術療法の三大がん治療を

いまだに正統で有効であると言っている人がたくさんいます。

某 大学 医学部放射線チームなどがそれです。

 

そういう方たちは、

「ネット上には、あてにならないサイトがありますから、

それらを信用せずに、信頼できる権威あるサイトを見てください」

と言って、大病院のホームページへ誘導します。

 

困りますね・・・

 

権威ある人たちは権威に守られて何でもできます。

失敗や真実を隠します。

だから、

ネット上にある記事の方が真実であることの方が多いです。

 

と言っても、実際いろいろな記事がありますから、

セカンドオピニオンどころではなく、

10個以上の記事を読んで、自分なりに正解を見つけてくださいね。

 

さて、

鶴見医師は、抗がん剤は増がん剤であり、動がん剤であると言っています。

抗がん剤を投与することによって、新たながんが増えたり、

一度消えたとしても、数週間で新たな場所に転移するので、

がんはなくなりません。

がんを克服する最後の戦略は活性酸素との戦いです。

抗酸化体質へ改善するために、

抗酸化食品をとることです。

 

ということですので、無農薬野菜と発酵食品を

たくさん取りましょう。

 

人へのアドヴァイス

どうしたらいいか、わからない時は

「病院に行った方がいいよ」

とは、

言わないほうがいいです。

あまりにも無責任だと思います。

救急医療と外科以外につていては

さまざまな治療法がありますので、

最善の方法を探した方がいいと思います。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲