癌はすぐに治る 


みなさん、こんにちは!

今日はの話なのですが、

癌患者の方々には朗報です!

ようやく出会いました。

治るっていう話です。

まだ、ブログ始めて1,2か月ですから、意外と早かったと言えば早かったですが、

遅いと言えば、やはり若いころから数えれば、ずいぶんと長い時間がかかったことかと思います。

患者の病気を治すことに一生懸命に取り組んで、

臨床的に結果と答えをともに出した先生を見つけました。

Dr.レオナード・コールドウェル(Leonard Coldwell)先生です。

今日はレオナード・コールドウェル先生のお話を紹介します。

 

レオナード・コールドウェル先生の治るという

これはすべて臨床医としての経験に基づいた話です。

90%の癌は2週間から16週間で治ります。

2日で治る癌もあります。

にもかかわらず、現代医療は既存の治療法を手放しません。

既存の治療法は効果がなく、必要ないにもかかわらずです。

 

レオナード・コールドウェル先生は、医療の権威ある団体から妨害されています。

 

< Sponsor Link>

レオナード・コールドウェル先生の方法

・まず身体の解毒が必要

・身体を強アルカリ性に保つ アルカリph7.5以上

このために微量元素ミネラルを取る

・緑野菜のクロロフィルの効能を利用して、体内に酸素を取り込む

・一日に100cc以上の大量のビタミンCを血管内に注入します。

一週間に3回以上行います。人口のビタミン剤ではダメ。自然界のビタミンを使います。

その後、2日以内に癌が消えたことがあります。

 ph数値表

心臓病・高血圧

心臓病もビタミンCの大量摂取で治ります。

高血圧はビタミンEの摂取で改善します。

 

格言

自然界の問題は自然界が解決するのです。

 

知人のドイツの先生の方法

知人のドイツの先生は患者の血液を抜いて、マイナスイオンの酸素を血液に注入し、再び患者の体内に戻すという方法を行っています。

すると、患者の血液は新生児のような活力を得ます。

癌患者の血液はどす黒い色をしていますが、それがピンク色になります。

 

癌患者の心得

癌を治したいなら、未加工の自然な食品だけを取るべきです。

人工的な食品は徹底して避けなければなりません。

完全菜食主義者になることが望ましいです。

さらに一日に1ガロン(約3.8リットル)の水に小さじ2分の1の海塩を入れて飲みます。

(腎臓が悪くない人という条件付きです)

身体がうまく機能するためには、電気が流れるようにする必要がありますので、そのために塩が必要ですが、食卓塩や精製された塩、塩化ナトリウムではダメです。

海塩や自然塩を使います。

 

塩とコレステロール

精製された塩、塩化ナトリウムは、血管を傷つけます。

傷つけられた血管は出血します。

出血はコレステロールによって修復されますので、

止血のためにコレステロールが傷口を覆います。

そこにかたまりができ、血管が狭くなって高血圧になります。

こうして高血圧や動脈硬化の原因はコレステロールであるということにされてしまいます。

本当の原因は、精製された塩、塩化ナトリウムなのです。

 

コレステロールの誤解

LDL、HDLとは、コレステロールではなく、コレステロールを運ぶたんぱく質です。

LDL、HDLの数値を図ることにはあまり意味がないです。

総コレステロールは250以上を保つ必要があります。

なぜなら、体内にコレステロールがなくなってしまったら、人間は死んでしまいます。

しかし、コレステロールが高いからと言って死ぬことはありません。

 

一般には以下の数字が示されていますが、それでは足りないようです。

HDL

男性…30~80mg/dl

女性…40~90mg/dl

LDL

一般男女で60~139mg/dl

総コレステロールにすると220に相当する。

 

感想

若いころから有機的で自然な考え方を模索してきましたが、

本当にいい先生の勇気ある発言に出会えてうれしいです。

癌を治すことだけでなく、癌の予防や健康管理に役立つ話だと思います。

結局、人間自身が自ら直接的、間接的に病気を生み出しているのであって、

自然に立ち返って、自然と調和する生き方を取り入れることが重要だと思います。

特に食事は、普段の食生活から見直して気をつけなければならないと思いました。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲