狭心症は酢で完治するってほんと?


皆さん、こんにちは!

今日は狭心症のお話です。

狭心症は一般に完治しないと言われていますが、お酢効果を知れば、期待できるかもしれません。

 

狭心症とは

狭心症は読んで字のごとく、冠動脈が狭くなって、心臓が必要とする血液の量が流れなくなり、心臓が酸素不足に陥る病気です。

労作狭心症と安静狭心症があります。

 

症状

心筋が一時的に酸素不足になると、発作的に

胸がしめつけられる。

胸が強く押さえつけられる。

胸の奥が痛む。

胸が焼ける。

このような症状が出ます。

 

労作狭心症の場合

運動や作業をしているときや、

興奮しているときなどに発作がおきます。

 

安静狭心症の場合

就寝など、安静にしているときに発作がおきます。

 

症状のしくみ

冠動脈の動脈硬化が進んで、血管が狭くなったり、血栓という血のかたまりによって、血管がふさがれ、血液が流れにくくなります。

その時に運動をしたりすると、発作がおきます。

安静狭心症の場合は、運動などをしなくても、酸素の供給量がへると、発作がおこります。

 

治療

まず、安静にすることです。

安静にしても、発作がおさまらないときは、硝酸薬を使います。

以後は、薬物療法になります。

 

シュタイナーの観点

狭心症になる人は動脈硬化の人が多いです。

このような方は、精神的や先天的なものでない限り、脂質や動物性たんぱく質をとり過ぎている傾向があります。

ですから、野菜中心の食事が必須です。

病気になったのですから、野菜中心ではなく、完全に玄米菜食などをすることをお勧めします。

治るまで続けるといいと思います。

そうすることで、徐々に血栓が溶けて、血管が正常になるでしょう。

 

お酢

酢は酸性で、溶かす働きがあります。

良質なお酢を少しずつとれば、血栓を溶かすことができます。

大量にとると危険な場合もありますが、病気を治すためには、すこしずつ量を増やして、多めにとるといいでしょう。

最初は小さじ一杯からはじめて、一日に大さじ3~5杯くらいとれればいいでしょう。

 

これに加えて健康的な生活をしなければなりません。

タバコ、お酒は厳禁です。

一生やらないつもりで、禁酒、禁煙にはげみましょう。

 

皆さんが健康な日々を過ごせますように、心からお祈りいたします。

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲