アルコール依存症の治し方


みなさん、こんにちは!

今日は再びアルコール依存症について、

その治し方についてお話します。

アルコール依存症の治し方

アルコール依存症の治し方

きっぱりと

自助グループに参加すること

または

専門医に相談すること

これだけだと思います。

 

アルコール依存症は一人では治せません、と断言してもいいでしょう。

家族だけでも難しい、と言っていいでしょう。

 

一人で苦しんで一人で発病したのですから、

一人では、その流れを食い止めることはできないはずです。

 

日本では、ふたつの大きな自助グループがあります。

断酒会  有料で実名での参加です。

AA (Alcoholics Anonymous) 無料でニックネームでも参加できます。

 

なぜ自助グループへの参加が必要なのか

アルコール依存症になる原因はいろいろあると言われていますが、

きっぱりと

心のさびしさを起因としたストレスであると考えられます。

 

本来、人は、

人と触れ合い、

魂と魂がお互いを感じ合うことを必要としているはずです。

ところが、現代社会は心の触れ合いよりも、

軋轢の方が多いこともあるストレス社会です。

社会の波にもまれて、

孤独を感じたり、生きずらくなることも、しばしばあります。

 

どんな問題をかかえていても、

その根源をたどっていくと、

そこには孤立感やさびしさが横たわっているはずです。

 

孤立感から依存症になってしまったわけですから、

そこに救いの手を差し伸べてあげなければなりません。

そのためには、人の集団の中で

心の底からの本当の喜びや悲しみを知るとプラスになります。

人の心の叫びを分かち合うことが、とってもいいのです。

 

そこから、生きるちからと勇気を得ることができます。

 

同じ苦しみを経験している人たち同士が語り合うことは、

共感の連続です。

価値観の違う人たちが出会えば、反感が生まれます。

価値観が同じ人たちが話をすれば共感が生まれます。

しかもテーマが同じで

心の底の苦しい問題を正直に扱いますから

非常に強い共感が生まれます。

 

もし、自助グループへの参加に抵抗がある人は

アルコール依存症専門医を訪ねて

そこで、心の扱い方や取り組みの指導を受けるといいと思います。

< Sponsor Link>

アルコール依存症は治るのか?

アルコール依存症の完全な治癒とは、

再び、一杯のお酒を楽しむためだけに、

飲めるようになること(機会飲酒)だとするならば、

究めて少数の人しか成功していません。

 

現実的には、治らないと考えていた方が安全です。

そして、一生、一滴も飲まないと決めることが大事です。

一生、一滴も飲まないと決めることがアルコール依存症の克服と言えます。

 

アルコール依存症を克服した人

日本では1万人以上の人が克服しています。

たくさんの人たちが頑張りました。

また、たくさんの人が頑張っています。

 

アルコール依存症から回復した有名人

アルコール依存症を克服し、健康を回復した有名人に

エリック・クラプトンがいます。

イギリスのロック・ギタリストで「レイラ」よいうヒット曲があります。

 

『アル中ワンダーランド』や『ハルモヤさん』の作者である

まんしゅうきつこさんも、アルコール依存症を克服し、

その壮絶な体験を『アル中ワンダーランド』に書いています。

 

アルコール関連問題啓発週間

政府はアルコール依存症の克服のために

アルコール関連問題啓発週間の実施を決めました。

アルコール依存症を克服するためには、

当人だけではなく、社会の理解が必要と考え、公に理解を求める場を作りました。

 

11月10日~16日

です。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲