急性脳症は回復しますが・・・


みなさん、こんにちは!

今日は急性脳症の話です。

 

急性脳症と聞いて、パッと思うことは、

急性脳炎・・・?

なのでしょうか・・と思いきや、

違うんです。

 

それでは、脳症って何なのでしょうか?

 

脳症とは

脳内で炎症が起きているわけではないので、脳炎とは言わないようです。

 

脳症とは、脳機能障害がでている状態を言います。

脳機能障害とは、中枢神経症状とも言い、

けいれん意識障害が起きている状態を指します。

 

脳が腫れたり、熱を持ったりしていることがあります。

 

英語では

Acute brain fever

と言います。

わかりやすいですね。

 

ウィルス性脳症の場合は、ウィルス感染症の合併症とすることもあります。

 

発症年齢

発症年齢は0~4歳の乳幼児に集中しています。

 

これは、なぜって考えなければなりませんね。

なぜ0~4歳の乳幼児に集中しているのでしょうか。

必ず、理由はあるはずです。

< Sponsor Link>

原因は?

さまざまな難しい言葉が並んで、原因はいろいろと言われていますが、

原因はわからない、

不明、としておくことが現状にふさわしいのではないかと思われます。

 

最も多いとされているウィルス感染が原因の場合でも、

原因ウイルスの特定はできず、不明の場合が多いです。

さらに、ウィルス感染と言われる場合でも、

ウィルス感染かどうか、さえも、実は不明で、

推定に過ぎないことが多いと言われています。

 

なるほど、そうですよね。

原因「不明」と言うよりも、原因を特定した方が形がつきますからね。

 

日本人やアジア人に多く発症する

ここにも理由を探すべきだと思います。

ワクチン大量摂取国日本

であることは認めなければならないと思います。

 

症状

動きがにぶくなり、眠り込んだようになったりします。

風邪の症状が現れます。

全身にけいれんが起こり、

興奮状態になることがあります。

意識障害が起きます。

意味不明な言動です。

 

重い合併症を発症することもあり、

最悪の場合は、多臓器不全になることもあります。

 

治療

さまざまな対処療法が実施されていますが、

急性脳症に対するこれといった決定的治療法は、まだありません。

 

予後

死亡する場合、3割程度。

後遺症が出る場合は、4割程度と言われています。

残る3割程度は回復します。

 

結論

こんなに不明なことが多い病気です。

不明なことが不明なことであり続けるのは、どういうことなのでしょうか。

しかも特徴のある病気ですので、調査の手がかりはたくさんあるはずです。

 

乳幼児は抵抗力もなく

一つの生命体として、

まだ非常に不安定であるにもかかわらず、

乳幼児にワクチンを接種するとは、どういう発想なのでしょうか。

 

自然界の法則には、まったく存在しないことをやっています。

 

ワクチンとの疑わしき関係が騒がれ始めて、相当な年月が経過しているのに、

その関係を調べようとしない国家や医師のあり方は非常に疑問です。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲